子どもと一緒に楽しめる春の遊び

待ちに待った春の到来!気分もウキウキして、どこかに出かけたくなりますね。

春という季節を満喫するための楽しみ方はたくさんあります。

その中でも今回は、大人と子どもが一緒に楽しめる春の遊びをご紹介します。


目次

1 春のいきものを探しに行こう

2 室内でできる!作品づくり

3 公園でからだを動かそう

4 子どもと一緒に春の遊びを楽しもう!

春のいきものを探しに行こう

春は、草花や虫、鳥などたくさんのいきものが動き出す季節。

図鑑を片手に子どもとどんないきものがいるか探してみよう!

春の草花を探そう

公園や空き地の隅、アスファルトの隙間なんてところにも、可憐で小さな草花が顔を出し始める春。

タンポポ、オオイヌノフグリ、シロツメクサ、ナズナ…他にもたくさん!

野の花はついつい摘みたくなりますよね。持ち帰ってもいい場所なのかよく確認してから摘むようにしましょう!


春の虫や鳥を探そう

木の割れ目や落ち葉の下を覗いてみるとテントウムシやダンゴムシが隠れていたり、お花のまわりにはチョウやミツバチが飛んでいたり。

虫を見つけたら写真を撮るのもいいですね。トイカメラを持たせたら子どもたちは大喜びです!

また、春の鳥といえばウグイスやメジロ、ツバメなどがいます。

鳥のさえずりが聴こえたら観察できるチャンスです。双眼鏡があると便利ですね。

写真を撮るのは少し難しいので、地図に「この場所にこの鳥がいた!」とメモしておくのがおすすめです。


室内でできる!作品づくり

持ち帰った草花は押し花にしてみましょう。

お花が新鮮なうちにティッシュペーパーで挟み、その上下をさらに新聞紙で挟みます。本などで重しをして乾燥させたらきれいな押し花の完成です。



また、観察した虫や鳥は日付・時間・場所と一緒に記録することでオリジナルの図鑑ができます。お絵描きが好きな子なら、写真のほかにイラストを入れるのもいいですね。


お出かけのあとはおうちで作品を制作できる楽しみもあります。

あとで作品にすることを考えながらいきもの探しをすれば、楽しさも倍増です!


公園でからだを動かそう

少し広めの公園では、子どもと一緒にスポーツをすることができます。

キャッチボールやバドミントン、フリスビーなどは定番で盛り上がりますよね!

これらのほかに、ボッチャも公園で遊ぶには最適なスポーツです。

ボールが柔らかく握りやすいので、小さな子どもでも怪我を心配せずに楽しむことができます。

遊具が飛んでいって周囲の人に当たってしまうということもありませんし、遊び方のアレンジも多様なんです!


からだを動かした後はお弁当を食べるのも楽しみのひとつですよね。

サンドイッチやおにぎりなど、簡単なものでいいので子どもと一緒に準備するとお弁当の時間がさらに楽しくなりますよ。


子どもと一緒に春の遊びを楽しもう!

今回は身近で楽しめる春の遊びをご紹介しました。

お天気のいい日に、思い立ってすぐに出かけられるのがいいですよね。

自然とふれあいながら、春の色、音、匂いを全身で満喫しましょう!